行政以外で働きたい保健師向けの求人探しマニュアル

病院保健師として活動をする場合、どの病院に転職するかを十分に比較検討した上で転職先を探すべきといえます。というのも、病院の中には保健師の仕事がそう多くないというケースもあるからです。そうなると、病院保健師として就職したにもかかわらず、看護師の仕事が回ってきてしまうこともあり得ます。つまりせっかく保健師の資格を取得してもその資格をなかなか生かすことができなくなる恐れがあるわけです。

 

また病院の求人情報は日本全国でたくさん募集されています。しかしその多くは看護師の募集です。病院保健師として調べてみると、決して数は多くないです。このため病院には看護師として転職するよりも保健師として転職する方がハードルは高くなると思っておくべきです。

 

もしどうしても病院で保健師として仕事をしてみたいと思っているのであれば、求人情報の範囲を広げてみることです。常勤だとなかなか見つからなくても、非常勤であれば見つかる可能性もあります。

続きを読む≫ 2015/01/17 12:27:17

行政機関で仕事をしてきた場合、同僚の保健師が結構いたという人も多いのではないでしょうか?また周りには、医療の専門的な知識を持っているスタッフも保健師以外にいたので、仲間に囲まれて仕事をしていると実感できたという人もいるはずです。しかし行政保健師になると、仲間が周りにいないので寂しいと感じる人も多いので注意してください。

 

中には医療の専門スタッフは保健師ただ一人というケースも十分に考えられます。そうなると、何か相談が持ち込まれたとしても誰にも任せることができず、すべて自分で判断をしないといけません。そのような精神的な辛さのある職場であるということも理解しておいてください。

 

ただし表現を変えると、他に誰もいないということは静かな環境で仕事ができるとも言えます。誰にも邪魔されることなく、自分のペースで仕事をしたいと思っている人には向いている職場といえるでしょう。また誰も仲間がいないといっても、社員とはコミュニケーションはとれるのでうまく溶け込めば、それほど寂しさを感じることもないはずです。

続きを読む≫ 2015/01/17 12:27:17

産業保健師として仕事をするメリットの中でも大きいのは、規則正しく仕事のできる所ではないでしょうか?一般企業の医務室で仕事をする形になるので、企業の休みのスケジュールに合わせて仕事をする形になります。企業は土日や祝日は休みとしている所が多く、お盆休みやゴールデンウィーク、年末年始の休みもある程度まとまった休みを確保することも可能です。

 

しかも一般企業では、夜勤を担当することはまずないといっていいでしょう。ですから昼夜逆転の生活を強いられることもなく、体の管理もしやすくなるわけです。病院で今まで勤務してきた保健師の資格を取ったのを機に企業保健師になろうと思っている人にとっては魅力的な条件ではないでしょうか?

 

保健師の仕事もしっかりと行うけれども、プライベートの時間もしっかりと確保したいと思っている人はいませんか?そのような人には産業保健師も選択肢の中の一つといえます。残業もあまりないので、アフター5も楽しめます。

続きを読む≫ 2015/01/17 12:27:17

保健師の資格を生かして、病院で勤務している人も多いです。患者やその家族の健康に関する相談を受けるとか、予防接種の企画や運営などに携わる仕事をします。保健師として病院で勤務した場合、看護師と比較すると夜勤や残業の可能性はかなり低くなるところがメリットです。

 

看護師の場合、病棟勤務になると月に何度か夜勤を担当しないといけません。また残業も結構多い所も少なくありません。中には、数時間の残業が日常茶飯事になっている所もあるといいます。しかし保健師として病院で勤務した場合、残業は多少あるかもしれませんが、看護師ほどの長時間残業を強いられることはまずないといっていいでしょう。夜勤も看護師と比較すれば少ないので、今まで病院で看護師の資格を使って働いてきた人にとっては、勤務条件は良くなると思われます。

 

もし病院で勤務していて、肉体的にも精神的にも疲労がピークに達しているというのであれば、保健師の資格取得を目指してみるのはいかがですか?

続きを読む≫ 2015/01/17 12:27:17

学校の保健室で勤務している人の中には、保健師資格を生かして活躍している人もたくさんいます。学校保健師は、大学や専門学校であれば養護教諭の免許は必要ありません。ですから保健師の資格だけでも学校に転職することは可能です。

 

学校保健師のメリットは、倍率の低い点です。産業保健師や行政保健師を志望する人が多いので、これらの業種は倍率が高くなってしまいます。しかし学校保健師であれば、募集自体は多くないですが、応募する人も少ないので意外と転職先が見つかりやすいです。学校で勤務するので、土日や祝日は休み、夜勤もないのでプライベートの時間も確保しながら仕事に打ち込めるという所はメリットといえます。

 

しかし地域によっては、求人そのものが出ていない可能性があるので、その点はデメリットといえます。特に少子化ということが懸念されているのは、ニュースで見たことのある人も多いでしょう。子供が少なくなれば学校も少なくなって、その分求人数も少なくなるのではないかと心配されています。

続きを読む≫ 2015/01/17 12:27:17